冬虫夏草

Home / 冬虫夏草

冬虫夏草とは漢方薬に使われるキノコの仲間です。植物が枯れる冬の間は幼虫に寄生して栄養分を吸収し、夏に発芽して棒状のキノコを生やします。冬虫夏草にはβ-D-グルカンという免疫力を高める成分が、アガリクスの17倍も含まれています。またマンニトールは血管を拡張して全身の血流を良くし、メラトニンが心地よい眠りに導くことでストレスを解消します。冬虫夏草は男性ホルモンを増やすなど直接精力剤として働くことはありませんが、血行不良の改善やストレス緩和などで全身の体調を整えて精力を高める効果があります。冬虫夏草を有効成分とするサプリメントには、イチョウ葉エキスやマカなど精力アップにつながる成分も組み合わせて配合していることが多いです。現在冬虫夏草として知られているキノコは、300種類~400種類もあります。効果的な成分を含んでいるものは一部で、コウモリガの幼虫から栄養をもらったコルディセプス・シナンシスが最も効果的と言われています。

精力剤の成分っていろいろありますよね。
その中で冬虫夏草ってなんでしょ。とうちゅうかそうって読めますか?それもキノコって。
でもこれが効くんですよ。男のアレに。元気1000倍くらいかな。